【自衛官への転職|効率のよい時間活用法!】

私は会社員として働いていましたが、25歳の冬に働きながらの受験を決意し、年齢的に最初で最後となる自衛官の受験に挑戦しました(注;当時の年齢制限のため)。約8年ぶりの受験勉強(文系でしたので数学は9年ぶり)で、ゼロからのスタートでした。周りに受験生もいなく、全て手探りの独学でしたので、「7日間完成」とYSTからのお便りが私の勉強の指標となりました。(中略)最初は2・3点だった数学が最終的には過去問では安定して満点になりました。数学は習得に時間を要しますが、身につけば最も安定するはずです。
★一般曹候補生海上合格[女子]★体験記より
――――――――――――――――
5月の一般曹候補生の学科試験まで、半年を切りました。

社会人の方で、現在、自衛官への転職を考えている人もいることでしょう。

社会人の場合、日々の仕事に忙殺される中で、学科試験対策の勉強時間を確保していかないといけません。

そこで今回は、効率のよい勉強方法を紹介します。

ご存じの通り、一般曹候補生の学科試験には国語・数学・英語が出題されます。

特に社会人の場合には、「数学と英語をもう5年もやっていない」という人が結構います。

そのため、この数学と英語をいかに勉強していくかが、今後の鍵となります。

ある程度勉強時間が確保できる場合には、数学と英語の勉強を同時に進めていってもいいと思いますが、そんなに時間が取れない場合には、まずは「数学だけ」あるいは「英語だけ」に絞って勉強することをオススメします。

現役の高校生なら、普段から数学や英語にどっぷりと浸かっていますので、「30分は数学、もう30分は英語」というふうに勉強しても大丈夫です。

でも、例えば5年ぶりに数学や英語をやる人の場合、1教科だけでも大変なのに、両方を同時に進めようとするのは、結構、無理があります。

そこで、「どちらか1教科に絞って集中的に勉強する」わけです。そうすると案外、勉強はスムーズに進んでいくものです。

数学と英語のどちらからやればいいのかは、その人の状況にもよりますが、これまで何百人もの自衛官(一般曹候補生)志願者とやりとりをしてきた経験上、

数学から勉強した方が、断然いいです。

数学はやればやった分だけ、即点数アップにつながります。

一方で英語は、やってもやってもなかなか、点数がアップしません。それでも頑張ってコツコツ勉強していくと、少しずつ形になってくるようです。

思い立ったが吉日!

夢の実現に向けて、小さな勇気ある一歩を踏み出していきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. foto
  2. foto
  3. foto
  4. foto
  5. foto
  6. foto




友だち登録で特典動画(50分)をゲット!
月数回、受験お役立ち情報を配信中!




他の志願者はいつから勉強するの?
最新の出題傾向を知りたい
部活動・仕事と勉強の両立ができない




「雲の上の存在」でなければ受からないの?
20倍もの難関を突破するために必要なこと。




あこがれの音楽隊。その夢を実現するために‥




「公務員コース」の甘いワナ



勉強方法・面接対策・気になる倍率など、
つれづれに記事を更新しております。
merumaga

動画配信

doga

会社概要
プライバシー・ポリシー
特定商取引法に基づく表記

(株)YST進学研究会
〒985-0835
宮城県多賀城市下馬3丁目2番13号

電 話:022-366-9415
FAX:022-385-5849
(授業中は電話に出られない事があります)
土日休