【部活三昧の高3生とお母様の決断】

foto

「息子はこれまで部活ばかりやっていて、勉強の基礎が全くできていないんです。実は高校もスポーツ推薦で入学していますので、受験勉強の経験もないんです。本来ならそちらに通わせて勉強を見て頂きたいのですが、県外ですのでそういう訳にもいきません。どうすればいいでしょうか。」

昨年春のこと。海上自衛官を志望している高3生(S君;西日本在住)がいました。

そのS君のお母様から、相談のお電話を頂きました。

いろいろ話を聞いていると、S君は小さい頃から海上自衛官をあこがれていて、一般曹候補生を第一志望にしているとのこと。

なりたい気持ちは誰にも負けていません。

でも、一般曹候補生には学科試験があります。

少なくとも1次試験をパスしない限り、海上自衛官へのキップを手にすることはできません。

どうやらS君は、本当にゼロから勉強を始めないといけないようでした。

そこで私は次のように提案しました。

「やるべきこと・覚えるべきことは、『7日間完成!一般曹候補生』のテキストに一通り入っています。ですので、これを身につけて頂ければ、大丈夫です。ただ、当YSTに通ってくることはきませんので、可能ならば、近場で個別指導をやっている塾を何カ所か当たってみてはいかがでしょうか。分からないところがあれば、質問もできると思います。」

早速、S君のお母様は教材を取り寄せ、近場の塾も当たってみました。

S君とお母様の、就活に向けた新たな戦いが始まりました!

1ヶ月半後、お母様から連絡がありました。

順調に進んでいるとばかり思っていたのですが、どうやら、その塾では授業が終わるとドンドン新しい単元に進んで行って、息子がそのペースについていけてないとのことでした。

いちばんはじめにお母様から相談を受けたとき、実はDVD教材のことも色々と聞かれました。

そのとき私は、「近場の塾に行くのであれば、直接質問もできるわけですから、特に購入する必要はないと思います」と伝えていました。

でも、塾での進むペースやじっくりと復習をしてもらえないこと、それに、そもそも自衛官採用試験について何も知っていない塾であることなどもあり、あらためてDVD教材について相談を受けました。

お母様はためらうことなく、DVD教材を購入することにしました。

2週間ほどしてお母様から連絡を頂きました。

この教材だと、不明な箇所を何度でも自分のペースで見直しができるので、息子にはすごく合っています! ということでした。

当初、S君の数学は、過去問ベースで実質0点だったのでが、9月の試験前には10点以上も取れるようになっていました!

学科試験を見事パスしたS君は、その後2次試験も順調に終わり、見事、海上自衛官へのキップを手にすることができました!

一般曹候補生には国・数・英の学科試験があります。程度は高1程度。

過去問を見て、自力で何とかなりそうであれば、それで十分です。

ちなみに、大学入試に臨む人たちは、当然のことながら専用の問題集を手元に置いて勉強をします。

出版社はどこでもかまいません。

自分に合ったもの、学校の先生や先輩から進められたものなど、書店に行けばいろんな問題集がそろっています。

自衛官採用試験に臨む場合もまったく同じです。

最新の出題傾向に合った教材や問題集を手元に置いて、それをコツコツ勉強していけばいいことになります。

教材・問題集は、最新の出題傾向に合ってさえいれば、どこのものでもいいんです。
(勿論、当YSTの教材でなくてもいいんです)

それをコツコツこなしていくことで、自衛官への道が開かれることになります。

来週から新年度!

新年度を迎えることで、気持ちも新たになります。

新しいことを始めるには、絶好の機会です。

新高3生諸君、部活に就活に全力で臨んでいきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. foto
  2. foto
  3. foto
  4. foto
  5. foto
  6. foto




友だち登録で特典動画(50分)をゲット!
月数回、受験お役立ち情報を配信中!




他の志願者はいつから勉強するの?
最新の出題傾向を知りたい
部活動・仕事と勉強の両立ができない




「雲の上の存在」でなければ受からないの?
20倍もの難関を突破するために必要なこと。




あこがれの音楽隊。その夢を実現するために‥




「公務員コース」の甘いワナ



勉強方法・面接対策・気になる倍率など、
つれづれに記事を更新しております。
merumaga

動画配信

doga

会社概要
プライバシー・ポリシー
特定商取引法に基づく表記

(株)YST進学研究会
〒985-0835
宮城県多賀城市下馬3丁目2番13号

電 話:022-366-9415
FAX:022-385-5849
(授業中は電話に出られない事があります)
土日休