2割の努力で8割の成果を生み出す/一般曹候補生

foto

世の中にはいろんな法則があります。

その中の1つに「2割・8割の法則」というものがあります。

この法則は、少なくとも数学や英語などの学問には関係のないものです。

でも、様々な「学科試験」に通ずるものでもありますので、ちょっとだけ紹介しましょう。

「2割・8割の法則」とは商売に関係する法則です。

例えば、あるお店があったとします。

そのお店の売上を調べていくと、次のような法則があるんだそうです

――お店の売上の「8割」は、実は「(上得意の)2割のお客様」がつくり出している――

そのため、お店が売上を伸ばそうとした場合には、新規客を増やそうなどとヤボなことは考えたりせず、今まで以上に上得意客に懇意にアプローチしていくといいんだそうです。

業種やお店によっては「7割の売上を3割のお客様がつくり出している」こともありますし、「8割の売上を1割のお客様がつくり出している」こともあります。

要は「売上の大多数は、小数のお客(上得意客)がもたらしている」ということになります。

話を「学科試験」に戻しましょう。

例えば、一般曹候補生の数学の試験範囲は数学Ⅰです。

実際には「集合と命題」「データの分析」からの出題はないのですが、それらを差し引いても数学Ⅰが扱う内容は多岐にわたります。

数学Ⅰを勉強する場合には、教科書や市販の問題集を勉強することになるのですが、一通り勉強しようなると、あまりの量の多さ(プラス、レベルの高さ)から途中で挫折したくなってしまうかもしれません。

でも、問題を作成する立場の人間からすると、毎回出題されるのは「判を押したように決まっていること」だったりします。

(これから述べることは、私の感覚になりますが・・・)

一般曹候補生の数学で出題される数学は、実は、数学Ⅰの教科書に記載されている内容の「3割」程です。

そして、この「3割」をしっかりと理解できれば、「7~8割」の問題に対応することができます。

「7~8割」というと(15問中)10~12問に相当します。

つまり・・・

「3割の努力をすれば8割の結果が得られる」ということになります。
(この「3割」こそが上得意客!)

この「3割」を効率良くマスターできるようにしたテキストが、「7日間完成!一般曹候補生」です。

学科試験まであと1ヶ月。

いや、まだ1ヶ月。

既に購入されている人は、このテキストを反復学習して本番に臨んでいきましょう!

そして、あなたの夢を是非、実現して下さい。

bnr_naiyo
bnr_click
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. foto
  2. foto
  3. foto

友だち登録で特典動画(50分)をゲット!
月数回、受験お役立ち情報を配信中!



傾向と対策◆一般曹候補生◆




「雲の上の存在」でなければ受からないの?
20倍もの難関を突破するために必要なこと。




あこがれの音楽隊。その夢を実現するために‥




「公務員コース」の甘いワナ



勉強方法・面接対策・気になる倍率など、
つれづれに記事を更新しております。
merumaga

動画配信

doga

会社概要
プライバシー・ポリシー
特定商取引法に基づく表記

(株)YST進学研究会
〒985-0835
宮城県多賀城市下馬3丁目2番13号

電 話:022-366-9415
FAX:022-385-5849
(授業中は電話に出られない事があります)
土日休