目指すは 5月か9月か / 一般曹候補生採用試験

foto

ここ仙台は桜の見頃をむかえています。例年より1週間ほど早いそうです。

桜はいいですね。通勤時間の風景に癒やされる日々を過ごしております。

さて、新年度になり1週間が経ちました。

「この1年は○○をする」といったような、新しい決意を抱いた方も少なくないのではないでしょうか。

昨日、自衛官志願者のお父様が事務所を訪れました。

高校を卒業して4年ほど経っていて、今年度、一般曹候補生の試験を受けるとのことでした。

「5月の試験を目指しますか」

とお聞きしたところ、

「いえいえ時間もありませんから、9月の試験に合わせてお願いしたいと思います」

とのことでした。

考えてみれば、1年に2回受けられるのは魅力なのですが、これから勉強を始める場合、どちらに照準を絞ればいいのか、難しいところです。

勿論、一発勝負よりは、受験回数は多い方がいいので、5月と9月の2回とも、100%の対策をとって臨めるのであればそれに越したことはありません。

もう少し具体的にみていきましょう。

少なくとも1ヶ月前から対策をしっかり取っていて、順調に進んでいる人であれば、5月の試験は十分可能性が開かれています。

では、これから勉強を始める場合はどうでしょう?

学生さん、あるいは浪人する方で勉強に十分時間が取れるのであれば、5月の試験に全力を注いで目指していくのも「あり」だと思います。

例年、志願者の方と勉強をしていて言えるのは、「一般曹候補生の勉強を一通り終えるには3ヶ月はかかる」ということです。

勿論、これは、高校生活があったり、社会人の方で普段は仕事をしている、というような状況の場合です。

ですので、浪人生や大学4年生でほとんど授業がないような人なら、1ヶ月半でも十分に対策はとれると思います。

では、社会人の方はどうでしょう。

「これから初めて勉強を始める」という場合、現実的には5月の試験には間に合わないと思っていた方がいいでしょう。

ですので、9月の試験に照準を絞り、そんな中でも本番の雰囲気などを実感したり「予行演習」的な意味合いを込めて5月の試験を受ける、というのが現実的だと思います。

いずれにしても、まずは過去問を1年分でいいのでやってみる。

そして出題内容のレベルを肌で感じてみる。

そしてこれなら「1ヶ月でもやれるかも」とか「基本からじっくり勉強するための教材を探さないといけないな」という判断ができると思います。

「あなたの夢の実現の物語」は、あなた自身が主人公です。

まずは「初めの一歩を踏み出す」ことから始めてみましょう!

bnr_naiyo
bnr_click
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. foto
  2. foto
  3. foto
  4. foto
  5. foto
  6. foto




友だち登録で特典動画(50分)をゲット!
月数回、受験お役立ち情報を配信中!




他の志願者はいつから勉強するの?
最新の出題傾向を知りたい
部活動・仕事と勉強の両立ができない




「雲の上の存在」でなければ受からないの?
20倍もの難関を突破するために必要なこと。




あこがれの音楽隊。その夢を実現するために‥




「公務員コース」の甘いワナ



勉強方法・面接対策・気になる倍率など、
つれづれに記事を更新しております。
merumaga

動画配信

doga

会社概要
プライバシー・ポリシー
特定商取引法に基づく表記

(株)YST進学研究会
〒985-0835
宮城県多賀城市下馬3丁目2番13号

電 話:022-366-9415
FAX:022-385-5849
(授業中は電話に出られない事があります)
土日休