【高3志願者が5月にやるべきこと】

foto

高校総体の時期となりました。3年間の努力が実を結ぶ時です。

当日は最高のパフォーマンスができるよう、万全の体調で大会に臨んで下さいね。

さて、高3志願者の多くが、この大会を機に部活動を引退し、9月の採用試験に向けて切り替えて行くことになります。

9月の試験まで4ヶ月。

でも、多くの高校では6月と9月に定期考査がありますので、実質的に学科試験対策に費やせる期間は、3ヶ月程度です。「短期決戦」であることを心得ておかないといけません。

「短期決戦」であることを考えると、部活動引退から学科試験対策への切り替えはできるだけスムースに進めたいところです。

とは言っても、高3志願者ご本人の頭の中は、目の前の大会のことでいっぱいです。

そこで、親御さんのサポートが心強い見方となってくれます。

親御さんのやるべきことは、至ってシンプル。情報を集めることです。

やることは2つ。

1つ目は、1回分でいいので過去問を入手することです。

幸い、防衛省のHPで1回分が公開されていますので、こちらをチェックしておけばいいでしょう(解答・解説はありませんが)。
https://www.mod.go.jp/gsdf/jieikanbosyu/examination/kakomon/index.html

そして2つ目が、学科試験対策の教材を事前に何点か調べておくことです。

短期決戦になりますので、時間のロスは避けたいところです。

1日2日のロスは許容範囲だと思いますが、1週間・2週間のロスは絶対に避けたいところ。

そのためにも、事前に何点かピックアップしておいて、最終的に本人が選択できるよう、準備をしておきたいところです。

話を過去問に戻しましょう。

過去問で確認して頂きたいのは、本人が実際に解いてみて、「ああ、これなら自分1人でも十分にこなせるな」とか「ちょっと、基本的なことからやらないとダメかも」とかいった手応えを感じ取ることです(勿論、実際に解くのは、高校総体が終わってからで大丈夫です)。

一般曹候補生の場合、数学の試験範囲は「数学1」、英語は「高1程度の英語」です。

数学は教科書の例題が一通り解けるようになれば、本番でも十分に対応できます。

英語は、中学の英文法から7~8割程度・高1の英文法が3~2割程度の出題となっています。

あとは、1回分の過去問を解いた際の手応えをもとに、やるべき教材をどれにすべきか判断していければいいでしょう。

幸い、部活動に一生懸命打ち込んできたお子さんには、集中力があります。

やるべきものが手元にあれば、スムースに学科試験対策に切り替えていくことができるでしょう。

余談ですが、ゴールデンウィーク明けから、高3志願者からの問い合わせ・申込が一気に増えてきました。既に短期決戦は始まっているようです。

さあ、今年はあなたの番です。

9月の採用試験に向け、そして夢の実現に向けて頑張っていきましょう!

☆★目指せ!自衛官★☆
【基礎から学ぶテキスト】
7日間完成!一般曹候補生
http://mezaji.com/ichiran/7days/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. foto
  2. foto
  3. foto
  4. foto
  5. foto
  6. foto




友だち登録で特典動画(50分)をゲット!
月数回、受験お役立ち情報を配信中!




他の志願者はいつから勉強するの?
最新の出題傾向を知りたい
部活動・仕事と勉強の両立ができない




「雲の上の存在」でなければ受からないの?
20倍もの難関を突破するために必要なこと。




あこがれの音楽隊。その夢を実現するために‥




「公務員コース」の甘いワナ



勉強方法・面接対策・気になる倍率など、
つれづれに記事を更新しております。
merumaga

動画配信

doga

会社概要
プライバシー・ポリシー
特定商取引法に基づく表記

(株)YST進学研究会
〒985-0835
宮城県多賀城市下馬3丁目2番13号

電 話:022-366-9415
FAX:022-385-5849
(授業中は電話に出られない事があります)
土日休